アクリルゴム系塗膜防水(アロンコート)

アロンコートSQは、水系の“ 2成分反応形アクリルゴム”を防水層とする、屋根塗膜防水工法です。軽量、複雑な納まりへの対応、シームレス等といった従来の塗膜防水の特長に加え、環境対応と高い耐久性を実現した工法です。

 
 
 

シーリング工事

外壁と窓枠や、プレキャストコンクリート相互間を目地状に塞ぎ、動きの多い目地または隙間などに高度の防水性・機密性等の確保を目的として施工します。

 
 
 

塩ビシート防水

塩ビシート防水は主にシートを機械固定により貼り付ける工法で、下地表面に凸凹があっても仕上がりは均一になります。耐久年数は15年から20年と寿命が長く、紫外線やオゾン、熱に対して耐性があります。

 
 
 

FRP防水

FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略で、補強材で補強されたプラスチックとなります。FRPは数々の優れた特性を持っており、強度や耐水性、また、成型性が優れており、船や水槽、バスタブ、自動車のバンパー、屋根材等として使用されています。

 
 
 

ウレタン系塗膜防水

ウレタンゴム系塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布し、その後硬化すると、ゴム状で弾性のある防水膜が出来上がります。 液体状の材料を使用し、仕上げる工法なので、軽量・複雑な納まりへの対応・シームレス等、継ぎ目のない仕上がりとなる工法です。

 

樹脂接着剤注入

樹脂接着剤注入施工は、建物などの補修・改修方法として、一般的には外壁のモルタル・タイル等の浮き部やひび割れに対して樹脂を注入して接着・補修することです。